UA-200234635-1

【ガンプラ】RGシナンジュをぶっ壊してみた【ダメージ加工】

こんにちわ、ろんです。

久しぶりにガンプラ作りたい欲が出てきたので近所の大型ホビーショップに買いに走ったんだけど、ガンプラの棚だけスッカスカで商品が置いていない。どうやら最近のガンプラブームによって人気商品はすぐに売り切れる状況とのこと。

奇跡的に、地元の小さな模型店で売れ残っていたRG(リアルグレード)1/144 シナンジュを購入できた。実はシナンジュは以前から作ってみたいと思っていたキットだったのでこれには運命を感じる。

そういえば模型店の店主のおばあちゃんも最近全くガンプラが入荷しないと言っていた。そんな状況でRGシナンジュを売ってくれてありがとうございます。

店主のおばあちゃんに感謝の気持ちを込めつつ、手に入れたシナンジュを制作&破壊していく過程を記事にまとめたので是非見ていって欲しい。

RGシナンジュは素組みでも十分かっこいい

細かい制作工程は置いておいて、とりあえず何も考えずに作ってみた。いわゆる素組み状態。

表面がテッカテカのレッドを採用している。金メッキもアクセントになっていてこのままでも十分にカッコイイ。戦場を無傷で華麗に舞うシナンジュのイメージにピッタリである。筆者はこれで満足してそのまましばらく飾っていた。

パイロットのフル・フロンタルさん

しかし待てよ。たしかにフル・フロンタルの乗るシナンジュは強い上に劇中でもかなりの活躍を見せていた。だとしても、ニュータイプとして覚醒したバナージが乗るユニコーンガンダムと戦って常に無傷でいられるだろうか?いやそんなわけがない。

そこでこのシナンジュにダメージ加工を施すことでユニコーンガンダムとの死闘を再現してみたいと思い立った。ガンダムUCアニメ版でのシナンジュはそこまで酷いダメージを被るシーンが無かったと思うので、完全にオリジナルとなってしまうが、こういった妄想をするのは楽しいからやめられない。

どんなダメージなのか?脳内設定を固める

ダメージを実際にキットに落とし込んでいく過程で必要なのは具体的な戦闘イメージだと思う。今回のシナンジュは左半身をメインに被弾してしまったという設定。

~以下脳内設定~

バナージのユニコーンガンダムとフロンタルのシナンジュの最終決戦。2機は死闘を繰り広げ、ユニコーンガンダムは一瞬の隙を見逃さずシナンジュの頭上方向から渾身のビームマグナムを放つ。シナンジュはマグナムをギリギリで避け致命傷を免れたが、左半身に命中し左腕と左足が損傷。満身創痍の状態となってしまったが、フロンタルは戦場で散る覚悟を決めバナージに刃を向ける。

実際にダメージ加工を施してみる

というわけで中二病全開の脳内設定なわけですが、ひとまずダメージの大まかなイメージを書き込んでみた。かなり大雑把。

左腕と左足はまるごと持っていかれたことにしてしまおう。頭部と左脚の外側はビームで溶けて内部フレームが露出している状態にしてみようと思う。

半田ごてで外装を溶かしてヤスリで削る

イメージが決まったので一旦キットをバラして、部位ごとにダメージをイメージしながら加工していく。ビームを食らったであろう箇所に半田ごてを使用して熱量でただれた感じを出す。

プラに半田ごてを使うのは初めてだったんだけど、面白いように溶けるので結構楽しい。しかしやりすぎると後々面倒なことになりそうなので慎重に少しずつ溶かしていく。

でもただ溶けただけだと単調すぎるので、ヤスリの角で削って色々なダメージを表現してみる。心なしかシナンジュ君が不安そうな目でこっちを見ている。安心してくれ、悪いようにはしないから。

削った部分に金属の露出感を出す

当たり前だけどガンプラはプラスチック製品なので、いくら溶かしたり削ったところで下地もプラスチックなのである。そこで、シルバーで削った部分を塗ってあげて下地の金属が露出している感じを出してみた。

もがれてしまった腕や足には別売りの模型用パイプや自動車用の配線ケーブルを使うことでボロボロ感が出てイメージ通りになり、かなり引き締まってきた。

ウェザリングで汚す

シナンジュがこれだけのダメージを負うということは、これまでにかなりの戦闘をこなしてきたということですよ。破損個所以外の部分がピカピカで新品なわけがない。というわけでウェザリングで汚していく。

ウェザリングの具体的な方法については過去記事で紹介しています。

今回はMr.ウェザリングカラーのブラックで重厚感を出していこう。シナンジュが反撃を狙うその姿は、さも死神を思わせるかのようなダークな雰囲気に包まれていそうなのでブラックを選択した。

最後にシルバーでのドライブラシタミヤウェザリングマスターのススでの追加汚しをして仕上げる。渋い色合いに変わって、かなり男前になったのではないでしょうか。

先ほど不安そうにしていたシナンジュ君もニッコリ。

組み上げて完成

画像枚数の関係でだいぶ工程をすっとばしてしまったけど、なんとか全パーツの工程を終えて完成。

生まれ変わったシナンジュ君のお姿がコチラになります。まずは正面から

次に右側面、左側面、背面。

びっくりするくらいボロボロ。それほどまでにユニコーンガンダムの攻撃が凄まじかったということを物語っている。

シナンジュにここまでのダメージを負わせたユニコーンガンダムはさすがですね(あくまで妄想)。

最後にポーズを取らせて妄想を具現化する

バナージのユニコーンガンダムとフロンタルのシナンジュの最終決戦。2機は死闘を繰り広げた末、ユニコーンガンダムが一瞬の隙を見逃さずシナンジュの頭上方向から渾身のビームマグナムを放つ。シナンジュは弾頭をギリギリで避けて致命傷を免れたが、左半身に命中し左腕と左足が破損。満身創痍の状態となってしまったが、フロンタルは戦場で散る覚悟を決めバナージに刃を向ける。

最初に決めた中二病全開の脳内設定を再現するため、ボロボロのシナンジュ君にポーズをとってもらいましょう。

武器は近接戦闘用のビームトンファー。最後の力を振り絞り、相打ち覚悟でユニコーンガンダム撃破を狙う。泥臭くても勝ちにこだわる姿勢を褒めてあげたい。

破損した脚部のアップ。外装が熱で溶けて素材の金属が露出しているイメージ

胸部のアップ。鬼気迫る迫力というのを目指してみた

箱絵のきれいなシナンジュと比較する。かなりやっちまった感がありますが後悔はしていません。

エアブラシは持っていないので不使用、破損個所の部分塗装のみで仕上げました。初めてのダメージ加工にしてはまあまあの出来栄えに満足。模型店のおばあちゃん、せっかくのシナンジュぶっ壊してごめんなさい

機会があればRGユニコーンガンダムとも並べて勝手に最終決戦を再現してみたいと思いますので、RGユニコーンガンダムが手に入ればぜひ作ってみたいかなと思っています。

それではまた!