UA-200234635-1

【FF5ピクセルリマスター】アラフォーが28年前の記憶だけでクリアを目指すFF5【最終話】

こんにちわ、ろんです。

長かったFF5ピクセルリマスタープレイ日記もいよいよ大詰め

最後まで元気良くやっていくので応援よろしくお願いします!

前回ようやく伝説の武器12種全てを解放し終えて、いよいよラストダンジョン≪次元の狭間≫へ突入する覚悟を決めた俺。

エクスデスを倒してタイクーン城を復活させ、ファリスとレナと結婚して

俺は王になるんだ!

しかし、そうはさせまいと

最初の砂漠エリアでエクスデスの手下たちがお出迎え。

おう、まとめて相手してやるよ

俺の威圧感に圧倒され7匹の魔物は一旦退散してしまう

あれ?俺また何かやっちゃいました?

いきなりボスラッシュとはならなかったので次元の狭間を探索しながら進んでいくと

森のエリアで最初のボス≪カロフィステリ≫がお出迎え

おっ、中々かわいい

と思ったそこのあなた。

このカロフィステリ、実は最近オンラインゲームのFF14でも登場しているんですね

引用:オンラインゲーム攻略まとめ

絶対アカンやつやん

FF5では手に持っていた緑の玉を、なぜか頭に乗せている。なぜ?

もうこれだけでヤバいのに、さらに鬼のような形相にさせられちゃっててむしろ何だか可哀想になってくる。

FF14の制作スタッフはカロフィステリに何か強い恨みでもあるのだろうか?

結果、カロフィステリは我々の敵ではなくアッサリと撃破

さらに奥に進んでいく。

そして【ヤツ】に出会うこととなる

いました

やはりピクセルリマスター版でもいました!

スーファミ当時のFF5をやっていたキッズ達にトラウマを与えつけたモンスター、その名は≪オメガ≫

オメガはFF5では珍しいシンボルエンカウントの敵となっていて、戦わなくてもいい相手ではあるんだけど

その圧倒的な戦闘力はラスボスをも凌ぐ。

強いというか理不尽を押し付けまくられる感じ

こんなの倒せるわけないよぉ・・・触れないように避けていかなきゃ・・・

ッシャオラ!

いいか、オメガよ。これだけは覚えておけ…

大人になったキッズを舐めるな!
(`・ω・´)

オメガを倒して自信をつけた俺。

先に待ち受けるボスたちも難なく撃破してゆく

どいつもこいつも相手にならんな!

ファーwww俺つええwwww

そんな快進撃を続ける俺の姿に惚れちゃった女の子が現れる

そんな、困るよ…

俺にはレナとファリスというフィアンセがいるんだ…

というか次元の狭間にいる女子ってどういうこと!?

狭間女子なの?

港区女子みたいな

でも・・・

キスされて意識しない男子なんて
この世にいるわけがないんだよね

そんなわけで狭間女子にホイホイついていくと

知ってた

たぶん罠だろうと思ってました

チクショウ

俺は怒ったぞ!

奥義!剣の舞!(素手)

俺の怒りの猛攻撃の前に、あっけなく倒れるハリカルナッソス。

おじさんの純情な心を弄んだお前の罪は重い・・・

地獄でその罪を償うんだな

そして遂に次元の狭間のラストフロアへ

ここに来る直前に何かボスみたいなのがいたような気がしたけど、瞬殺したのでスクショすら撮っていません( ;∀;)

ラストフロアを少し進んだところで、懐かしいヤツ

ギルガメッシュ!?
ギルガメッシュじゃないか!

誰だっけ

うそうそ、いつも源氏シリーズをくれるギルガメッシュくんだったよね。覚えてるよ^^

こいつはどう料理してやろうか?と考えていると、どうにも様子がおかしい

ギルガメッシュくんいわく、エクスデス城で次元の狭間に放り込まれて以来、ずっと迷子になっているとのこと。

このときですね(回想シーン)

悲しい、出来事だったね…

こうして俺から脱出ルートを教えてもらい、ギルガメッシュは次元の狭間から無事に脱出していきました。

ギルガメッシュ、達者でな!

・・・と思いきや次のボス≪ネクロフォビア≫との戦闘中に、逃げたはずのギルガメッシュが乱入

お前何やってるんだよ!

せっかく脱出ルートを教えてあげたのに!

ギルガメーッシュ!!!

なんとギルガメッシュはネクロフォビアを道連れに自爆!

2人は目の前から消えていなくなり、勝利のファンファーレが虚しく響く

ギルガメッシュ・・・お前ってやつは・・・

その自爆はエクスデスに使えよ!

ギルガメッシュを失った悲しみに暮れながら

オメガ同様、またもやキッズ時代のリベンジを果たすべく≪神龍≫に挑む

すっぴんに着替え

魔法剣≪フレア≫の二刀流みだれうちでゴリ押す

最強の剣ラグナロク、ゲットだぜ!

神龍はどこかのゴ〇ブリみたいなロボと違って、ちゃんと実用的な報酬が用意されているから好き。

これで準備は整った!

ついに、ヤツが待つ最深部へ

俺たちが到着するまでずっと待っていたエクスデス

ただボーっとしていたわけではなく、どうやら無の力の研究に勤しんでいたらしい。

そんなことをしている間にお前の手下は全滅したんだぞ?

手下を捨て駒としか思っていないのか!?

まぁ、やったのは俺だけど

エクスデスはまさにザ☆悪者の親分。

ここまで清々しいなら最後の最後まで悪を貫き通していて欲しい

ついに最終決戦だ!

いや何これ、キモッ

ハッキリ言って今までのエクスデスのほうが何倍もかっこよかった…

久々に戦ってみて、改めてこの見た目は受け入れがたいな。と思いました。

強くなったと思われたエクスデスだが、何となく殴っているだけで特に見せ場がなくカットインが入る

突如、≪無≫がエクスデスを
飲みこみだした!

エクスデスは成す術もなく≪無≫が作り出すブラックホールに飲み込まれていく

そしてブラックホールの中から現れたのは

≪ネオエクスデス≫(ドドンッ!

ハッキリ言って、何コレ?

って感じのグラフィックなんだけど、先頭のイケメンが本体だと考えるとカッコいいとも思えてしまうから不思議である

しかしそこにあるのはもはや、エクスデスと名乗る未知の「生命体」

本当に最後の戦いなのだと感じさせる迫力はさすがの一言である。そして別格の戦闘力。

俺はネオエクスデスの放つ数々のイヤらしい攻撃を必死に耐え、隙をみて魔法剣フレアみだれうちを叩き込んでいく

そして・・・・

粉々に砕け散っていくネオエクスデス

ついにやった!!!

ガラフ!ゼザ!
えーと、ギルガメッシュ!

仇は討ったぞ!

宿敵エクスデスが倒れ、エンディングが始まる…

「THE END」

長い冒険が、おわった・・・・

とてもシンプルなED画面だけど、余計な飾りは必要ない。

コンプライアンスの関係でエンディングムービーはお見せできないが

小学生の頃に目に焼き付けた

あの映像がしっかりと流れていた。

おわり

あとがき

長かったですが無事にクリアまでいくことができました

結論としては、かなり楽しかった!

小学生の頃にプレイしているとは言え実に30年近くものブランクがあったにも関わらず、なかなかスムーズに進められたのではないのかと思う。

FF5ピクセルリマスターそのものの感想としては

  • スーファミ版をそのまま綺麗にしたグラフィック
  • アレンジが施されているものの、イメージ通りのBGM
  • オートバトルかつ倍速機能が搭載されており現代のニーズに沿った仕様
  • セーブデータ枠が多く、色々なシーンでセーブできる
  • 最初からちょうどいい速度のダッシュが可能

実際にプレイして懐かさを感じつつも現代のニーズに合わせた仕様となっており、ほぼストレスなく遊ぶことができた

巷ではちらほらバグの報告が上がってはきているらしいが、今回はそういったバグの類は経験しなかった
(すでにアップデートで対応済)

FF5はスーファミ版当時からすでに完成されていて

  • ジョブチェンジによるアビリティを獲得する育成要素
  • それらを組み合わせて攻略する自由度の高さ
  • 3つの世界を股にかける壮大な冒険
  • ガラフやゼザ、シドなどの味がある魅力的なキャラクター達
  • やたら耳に残る良BGM

個人的にもこれまでプレイしたゲームの中でもかなりの良作であり、結構やりこんだ記憶がある作品だったため

今回ピクセルリマスターを購入しプレイしてみた次第だ。

クリアしたとは言えまだまだやり残している要素もあるので、時間が許せばまた再度改めてプレイしてみたい

全7回にも及ぶ長いプレイ日記でしたが、読んでくださった方に感謝申し上げます。

それではまた!

(C) SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.